おもちゃと心から没頭すると気持ちよくなりやすい

女性が気持ちよい絶頂に達したときは、本当に気持ちよくなって体全身で気持ちよくなるものです。
男性がペニスをこすって射精するときの気持ちよさと、少し違うとも言われています。
この気持ち良さは男性の方でも体験することは可能です。
ドライオーガズムといってアヌス、つまりお尻の穴に刺激を与えてあげるとこの感覚を体験することができます。
そして、その時の状態によっては刺激を続けていると何回でもイクことができます。
男性の場合は1回射精をしてしまうと、
そのあと少し経ってからでないと体力も回復しないですし、大変なものですよね。
中には体力を使いすぎてこれ以上はできない状態に陥る人もいるでしょう。
瞬間的に気持ちよくなるのとは違って、体全身で気持ち良くなるので女性の気持ちもわかりますし、
知ってしまった人は何回でもその気持ち良さを味わうことができます。
でも、このドライオーガズムは慣れるまでは少し感じにくいかもしれません。
実際に体験している方の中でもなかなか感じにくい人や、
よくわからずに終わってしまう人もいるようです。
確かに友達とやり合ったりすることは難しいですし、
少し恥ずかしさがある方は、友達にこんなことをしていると言えない方もいると思います。
恥ずかしいという気持ちと、自分1人で指でさぐっている状態では難しいものですよね。
前立腺のあるあたりもその人によって微妙に位置が違います。
まずは自分の前立腺はどこら辺にあるのかの確認と、
その位置がわかったら長時間そこを刺激をするのに、指では大変に感じてしまうので、
専用の大人のおもちゃを使うといいでしょう。
楽な姿勢で長時間刺激を与えてあげることができます。
ある一定の時間刺激を与えているといつのまにか気持ちよくなってきて、
あのイク前の感覚になってきます。
そして、あのイク前の感覚になってもそのままこすり刺激を続けていると、
全身にかけめぐる気持ちよさを体感できます。
できれば、1回、3回くらいでダメだったかといって諦めてはダメです。
そして、急いでやろうとしたり、
別のことを考えていて気持ち良くなれる心の準備がないと難しいでしょう。
そういった心の状態の時にはいくらやっても、
気持ちが整っていないのでイキにくいです。
そういった心の状態のときではなく、ドライオーガズムに没頭できるような心の状態のときにやるのがオススメです。
気持ちもとても大切になってきます。
感じるところをイメージして、イクところを想像しながら気持ち良くなることが大切にもなってきます。
そして、心から没頭して刺激をして是非あの気持ち良さを体験してくださいね。
この気持ち良さを知っている人は、1人でエッチするときも、
射精だけでなくこちらのドライオーガズムでも気持ち良くなっています。
そして体全身で気持ちよさを体感しています。
きっとその感覚を体験したい男性の方も多いと思うので、
チャレンジしたら達成されるまでコツを見ながらやってみてくださいね!

Comments are closed.