ドライオーガズムの楽しさを知ると

そこはかとなく良さを感じてきたことが、ある日みんなの知る所となった気分は格別でしょう。
私の場合はアナルオナニーの快感がアダルトサイトでメジャーになった時、自分が今まで得てきた快感がみんなの認める所になったと喜んだ物です。
アナルの快感を男が感じることは昔から理由はわかりませんでしたが、棒状の物を入れて刺激すると、一部分がかなり熱くなり、そこを中心にして良い気持ちになれるのです。
後からネットで調べたら、私が感じていたのはドライオーガズムといって射精を伴わない絶頂感でした。
どうりでペニスはたっているのに精液は出ないはずです。

ドライオーガズムを自然にやってのけていたのは自分でもびっくりですが、慣れてくるとこちらのほうが何倍も気持ち良いことに気づくでしょう。
はるか昔から男性同士のセックスは日常的に行われてきました。
その中で男性のペニスが男性のアナルに入るのは珍しいことではなかったのです。
現代社会においてもそれはアブノーマルな行為と呼ばれており、一部の女性の間ではメジャーですが、まだまだマイナーな行為に数えられています。
私も別に同性愛者ではないので、アナルオナニーは好きでも男性同士のセックスに興味はありません。
しかし、彼らの行為が自然にドライオーガズムを導き出していたのには興味を惹かれます。
これは純粋に知識欲から来ることなので、自分としても納得した上で勉強をしているのです。
何度も立て続けにイクと、快感を得やすい体になると聞いたことがあります。
私にとってアナルの快楽は日常的な物であり、それは今に始まったことではありません。
そのため、普通の風俗店などに行くより、性感エステなどでアナルを刺激してもらったほうが、たやすくドライオーガズムを感じることができて、大変うれしいのです。
前立腺刺激による絶頂感に比べると、ペニスを刺激するタイプのオナニーやセックスはかすんで見えます。
それくらいアナルの快感は魅力的で、大きな影響力を持っているのです。
私は若い頃からアナルの開発に勤しんできたせいで、無理せずともアナルでイクことができます。
世の男性は特殊な棒状の器具などを使って絶頂を感じるといいますが、私の場合へたをするとトイレのウォシュレットの一番強い水流でイクことがあるのです。
それくらい開発されてしまった体と一般人の体には違いがあります。
開発された体になり、常にドライオーガズムを感じるようになると、生活そのものが楽しくなります。
なにしろ感じやすい物ですから、一般の人が感じない刺激にも敏感に反応できるようになるわけです。
それは、風がふいてもというわけではありませんが、少なくとも一般の人より触覚が敏感になっていることを示します。
アナルの快感がアブノーマルなのは十分に承知しており、それについて知識も持っていますが、あえてそれを世の中に認めさせようとは思いません。
すごい絶頂感が得られるからこそ昔の人はこの快感を隠し、タブーにしてきたのでしょうから、そのロマンを感じていたいのです。

コメントを残す