実用的な面を持つドライオーガズム

どうも、ティックです。mixiのコミュでも話題ですね、ULT究極のドライオーガズムバイブルは・・・。
バイブル(聖書)っていう表現はちょっと大げさなのでは?と思っていましたが、ただのマニュアルではなく、リアルに聖書レベルまで評価されているようです。

ULT究極のドライオーガズムの評価されている点はその即効性ですね。あるいみ、禁断の書物なのかもしれません。
強制ドライオーガズム法の効力もやばいです(脳のドーパミンが出過ぎてその時はとろけるほど気持ち位のですが、翌日の鬱効果がすごいという、まるで薬物のような危険性をはらんでいます。)
mixiのドライオーガズムの情報交換コミュニティでは、たくさんの人が情報を交換しているのですが、今までできない人や、どうやってやるのかわからない人、アネロスなんかのアダルトグッズを10万円分くらい買ってもドライオーガズムできなかった人も、このマニュアルで一気にドライオーガズムができてるようです。素晴らしいマニュアルですね。

使える物と使えない物がはっきりしているのが今の世の中です。
性が絡む快感については、自分が気持ちよくなるために必要なことがはっきりわかっており、それだけ特殊なテクニックや才能がいることに気づきます。
小学生の時はオナニーの仕方も知らず、ただ擦るだけでイッていました。
中学生になるとペニスの握り方からこだわるようになり、一番効率的にイケる方法を考えた物です。
こうしたテクニックが身についてくると、自分でも「成長したな」と思えるようになり、その上に積み上げるべき物が見えてきます。
私自身も我流で性については学んできたので、どうすれば一番いい形で絶頂が得られるかを模索している段階です。
最近はここに前立腺刺激によるドライオーガズムが加わりました。
これは、ペニスを刺激することで射精に至る一瞬の絶頂感ではなく、アナルから指や器具を入れて、かなり長いこと快感が持続するタイプの絶頂状態です。
アナルセックスの経験はないですが、友人がアナルオナニーにはまっていると聞き、自分でも器具を買ってやってみたのがアナルに目覚めたきっかけでした。
それを皮切りにドライオーガズムを感じ、自分がいかにして快感を得るかを追求するようになり、そこからさらに良い気持ちになれるようなスタイル作りをしていったのです。
男性同士でのセックスに興味はありませんが、妻とのセックス時に射精なしでイクことができるようになったので、持続力はかなり高まったと自負しています。
ウェットオーガズムが射精を伴い、男性の体力を著しく減らす働きをするのに比べ、射精を伴わない絶頂状態はかなりうれしい物です。
アダルトサイトで調べてみたら、私のようにいい年になってからアナルの快感にはまる人が増えているとの記事を見ました。
確かに壮年期になると妻とのセックスもマンネリ化するでしょうし、ある意味で倦怠期とも呼べる時期に入るからです。

そうした状況を踏まえていけば、今私たちがいかなる形で本当の意味での快感を追求していけばいいかわかります。

dry
(参考画像)ドライオーガズムは男性が女性の快楽を手に入れるテクニックです。

ウェットオーガズムと比べて実用的な面を持つのがドライオーガズムで、これをマスターしていれば、セックス時間が多少長くなっても、男性が消耗する体力は少なくなるのです。
それは、相手の女性にとってもうれしいことで、互いに元気な状態を維持することができます。
体全体を震わせるような快感が全身を襲うのがドライオーガズムの醍醐味です。
私はアナルを開発することによって、この絶頂感を味わうことができました。
今の若い人たちは性感エステに通うようになって開眼するとの話も聞いています。
ここでは特に風俗嬢のテクニックが素晴らしく、お客みんなが満足できるようなサービスをしてくれるのです。
新しい快感に目覚めた人たちには新しい風俗が良く似合います。
実際にこういうお店に行ってサービスを受けてみると、かなり満足感を得ることができて、お金を払っても通いたいと思うのです。

ドライオーガズムについて、まずは基礎から学びたいというひとはいますか?そういう人はこちらのサイトがおすすめです。
ドライオーガズム
ドラオーガズムについてわかりやすく初心者目線で書かれているので、見ておくことをお勧めします。

ドライオーガズムについての口コミ情報

ネットで見る口コミ情報はかなりの頻度で役に立つ物が多いです。
私は単なる噂話から、知識となる物を認めて役立てています。
ここ最近は性感エステに通うことが多くなったので、ここで体感したドライオーガズムについて調べてみました。
男が感じる快感の代表は射精です。
私もオナニーの際はペニスをしごき、精液を放出する瞬間だけ快感を得ていました。
しかし、射精をせずにイクことができると知ってから、180度物の見方が変わったのです。
前立腺を刺激することによって男性が絶頂に達した場合、射精の何倍もの快感が全身を貫きます。
この時「ほっおおお」などと声が出るのは日常茶飯事で、大きな快感のためがくんがくんと痙攣するような感じが長く続くのです。
私も始めて性感エステに行って風俗嬢にアナルマッサージをしてもらった時、大きな声を出して絶頂を迎えてしまい、自分自身で驚きました。
後からネットの口コミ情報でドライオーガズムについて調べたら、男性が前立腺を刺激するポイントや、アナルの快感の原因についても述べており、非常にわかりやすかったです。
最初にこれを知っていたら、消耗の激しいペニスによるオナニーよりもはまっていたでしょう。
しかし、アナルオナニーにはまず腸内の洗浄から、専用の器具をそろえることまで、かなり下準備に時間がかかります。
これに関しては自分できちんとした絶頂ビジョンを持ち、できるだけいい状態で行うのが肝心です。
情報を仕入れ、準備さえきちんとしておけば、今の世の中で快感を得るのはたやすいことです。
それは射精による一瞬の快楽ではなく、かなり尾をひいて残る物として知られています。
しかも、体力の消耗がほとんどなく、続けざまにプレイに興じてもまったく衰えることを知らないのです。
私自身が体感したので、射精よりも明らかに優れている部分があるとはっきりわかるドライオーガズムは、これからの男性にとって救いとなる絶頂状態と呼べるでしょう。
精液を放出して体力を失うタイプの絶頂では決して味わうことのできない至高の快感がそこには確実に存在し、コツを掴むだけでそれを簡単に味わうことができるのです。
現代社会は多様性の時代であり、望めばたいていの夢はかないます。
性感エステの話に戻りますが、ドライオーガズムを確実に体感するには、それ相応の知識と技術を持つ風俗嬢にサービスしてもらう必要があります。
それは、事前にお店の情報をネットの口コミサイトなどでチェックしておき、女の子にどういう教育をしているかを調べておけば、満足のいくサービスが受けられるのです。
そうした下準備をしていれば、多少特殊な形での絶頂の感じ方であったとしても、問題なくそれを受け止めることができます。
アナルの快さを感じてきた男性は古来より多いですが、その理由は前立腺刺激によるあまりにも大きな快感にあると知りました。
それらも含めてネットの口コミ情報をゲットし、参考にして自分のプレイに生かしていくのはいいことです。

ドライオーガズムのクチコミですが注意点もあります。
それは間違った知識を口コミ広めようとする人がいるという事です

間違った知識に惑わされないように警告しているサイトです、こういったサイトをよむことで、ドライオーガズムに関する間違った知識と正しい知識の違いがわかるといいですね。

ドライオーガズムの楽しさを知ると

そこはかとなく良さを感じてきたことが、ある日みんなの知る所となった気分は格別でしょう。
私の場合はアナルオナニーの快感がアダルトサイトでメジャーになった時、自分が今まで得てきた快感がみんなの認める所になったと喜んだ物です。
アナルの快感を男が感じることは昔から理由はわかりませんでしたが、棒状の物を入れて刺激すると、一部分がかなり熱くなり、そこを中心にして良い気持ちになれるのです。
後からネットで調べたら、私が感じていたのはドライオーガズムといって射精を伴わない絶頂感でした。
どうりでペニスはたっているのに精液は出ないはずです。

ドライオーガズムを自然にやってのけていたのは自分でもびっくりですが、慣れてくるとこちらのほうが何倍も気持ち良いことに気づくでしょう。
はるか昔から男性同士のセックスは日常的に行われてきました。
その中で男性のペニスが男性のアナルに入るのは珍しいことではなかったのです。
現代社会においてもそれはアブノーマルな行為と呼ばれており、一部の女性の間ではメジャーですが、まだまだマイナーな行為に数えられています。
私も別に同性愛者ではないので、アナルオナニーは好きでも男性同士のセックスに興味はありません。
しかし、彼らの行為が自然にドライオーガズムを導き出していたのには興味を惹かれます。
これは純粋に知識欲から来ることなので、自分としても納得した上で勉強をしているのです。
何度も立て続けにイクと、快感を得やすい体になると聞いたことがあります。
私にとってアナルの快楽は日常的な物であり、それは今に始まったことではありません。
そのため、普通の風俗店などに行くより、性感エステなどでアナルを刺激してもらったほうが、たやすくドライオーガズムを感じることができて、大変うれしいのです。
前立腺刺激による絶頂感に比べると、ペニスを刺激するタイプのオナニーやセックスはかすんで見えます。
それくらいアナルの快感は魅力的で、大きな影響力を持っているのです。
私は若い頃からアナルの開発に勤しんできたせいで、無理せずともアナルでイクことができます。
世の男性は特殊な棒状の器具などを使って絶頂を感じるといいますが、私の場合へたをするとトイレのウォシュレットの一番強い水流でイクことがあるのです。
それくらい開発されてしまった体と一般人の体には違いがあります。
開発された体になり、常にドライオーガズムを感じるようになると、生活そのものが楽しくなります。
なにしろ感じやすい物ですから、一般の人が感じない刺激にも敏感に反応できるようになるわけです。
それは、風がふいてもというわけではありませんが、少なくとも一般の人より触覚が敏感になっていることを示します。
アナルの快感がアブノーマルなのは十分に承知しており、それについて知識も持っていますが、あえてそれを世の中に認めさせようとは思いません。
すごい絶頂感が得られるからこそ昔の人はこの快感を隠し、タブーにしてきたのでしょうから、そのロマンを感じていたいのです。

おもちゃと心から没頭すると気持ちよくなりやすい

女性が気持ちよい絶頂に達したときは、本当に気持ちよくなって体全身で気持ちよくなるものです。
男性がペニスをこすって射精するときの気持ちよさと、少し違うとも言われています。
この気持ち良さは男性の方でも体験することは可能です。
ドライオーガズムといってアヌス、つまりお尻の穴に刺激を与えてあげるとこの感覚を体験することができます。
そして、その時の状態によっては刺激を続けていると何回でもイクことができます。
男性の場合は1回射精をしてしまうと、
そのあと少し経ってからでないと体力も回復しないですし、大変なものですよね。
中には体力を使いすぎてこれ以上はできない状態に陥る人もいるでしょう。
瞬間的に気持ちよくなるのとは違って、体全身で気持ち良くなるので女性の気持ちもわかりますし、
知ってしまった人は何回でもその気持ち良さを味わうことができます。
でも、このドライオーガズムは慣れるまでは少し感じにくいかもしれません。
実際に体験している方の中でもなかなか感じにくい人や、
よくわからずに終わってしまう人もいるようです。
確かに友達とやり合ったりすることは難しいですし、
少し恥ずかしさがある方は、友達にこんなことをしていると言えない方もいると思います。
恥ずかしいという気持ちと、自分1人で指でさぐっている状態では難しいものですよね。
前立腺のあるあたりもその人によって微妙に位置が違います。
まずは自分の前立腺はどこら辺にあるのかの確認と、
その位置がわかったら長時間そこを刺激をするのに、指では大変に感じてしまうので、
専用の大人のおもちゃを使うといいでしょう。
楽な姿勢で長時間刺激を与えてあげることができます。
ある一定の時間刺激を与えているといつのまにか気持ちよくなってきて、
あのイク前の感覚になってきます。
そして、あのイク前の感覚になってもそのままこすり刺激を続けていると、
全身にかけめぐる気持ちよさを体感できます。
できれば、1回、3回くらいでダメだったかといって諦めてはダメです。
そして、急いでやろうとしたり、
別のことを考えていて気持ち良くなれる心の準備がないと難しいでしょう。
そういった心の状態の時にはいくらやっても、
気持ちが整っていないのでイキにくいです。
そういった心の状態のときではなく、ドライオーガズムに没頭できるような心の状態のときにやるのがオススメです。
気持ちもとても大切になってきます。
感じるところをイメージして、イクところを想像しながら気持ち良くなることが大切にもなってきます。
そして、心から没頭して刺激をして是非あの気持ち良さを体験してくださいね。
この気持ち良さを知っている人は、1人でエッチするときも、
射精だけでなくこちらのドライオーガズムでも気持ち良くなっています。
そして体全身で気持ちよさを体感しています。
きっとその感覚を体験したい男性の方も多いと思うので、
チャレンジしたら達成されるまでコツを見ながらやってみてくださいね!

ドライオーガズムのコツを抑えていくと

初めて体感することは、コツやポイントを掴めば案外問題なくできるようになる物です。
特にセックスやオナニーなど、経験が必要なことについてはなおさらで、自分自身が気持ちよくなりたいと思う気持ちが何よりも大事だと聞きました。
かつて私の友人が男性同士のセックスにはまり、オナニーもお尻の穴で行う話をしていましたが、彼がどうしてそこまでアナルの快感を得ていたか、わからなかったのです。
ネットでそれについて調べていったら、どうやら前立腺の刺激になぞが隠されていました。

その正体はドライオーガズムであり、射精による快感の何倍もの絶頂感を得ることができる特別な達し方だったのです。
これによって得られる快感はすさまじく強く、思わず「ほっおほお」などと声が漏れてしまうくらい気持ち良いと聞きました。
友人がアナルの快感にはまるのも知識を得た今なら納得できます。

一番わかりやすかったさいとはこちらです、紹介しておきます⇒ドライオーガズムのコツ
ドライオーガズムのコツについて分かりやすかったです。

本来男性は快感を得ることに関しては、射精のみといわれてきました。
しかし、射精はどう見ても生殖行為の一部であり、積極的に絶頂を感じるというより、おまけ的に快感が得られるというだけの話だったのです。
真の絶頂感が必ずあるはずだと昔の人はみんな男性の体を研究し、その結果、衆道なる男性同士の色事が生まれたと考えられます。
ここでは男性同士のセックスが行われ、アナルオナニーはもちろん、アナルセックスが当たり前でした。
そのため、前立腺の刺激も毎度のことで、入れられる側は常にドライオーガズムを感じていたとわかるのです。
昔の人は原理はわからずとも、本能的に男性の体の中に隠された本質的な絶頂への道を知っていたのでしょう。
現代社会に生きる私たちは、多種多様な快感を自由に選んで自分なりに得ることができます。
それは、昔の人がつむいできた記憶や、言い伝え、その他テクニックが関係しているのです。
中学生くらいから覚える射精による快感が体の負担になったら、自分の体力も考えてドライオーガズムにシフトするのもいいかもしれません。
アナルに指や特殊な棒状の器具を入れることには最初こそ抵抗があるかも知れませんが、それによって得られる快感は射精の比ではないからです。
これは射精のように喪失感もなく、体力の消耗もほぼないので、全体的に見ていいことづくめといえるでしょう。
何度もイクと体がそれに慣れ、性感帯が開発されるのはよく聞く話です。
私にとってアナルの快感は経験がないのでいまいちわかりませんが、友人の話やネットでの口コミ情報によりポイントを抑えていくと、かなりレベルの高い絶頂感だとわかります。
男性にとってドライオーガズムは真の意味での快感と呼べる貴重な物ですから、一度感じられるようになったら、そのコツを忘れず、いつでも快感が得られるようにしておくといいでしょう。
性感エステなどに通って、自分の性感帯を開発しておくのもこれからの性生活をエンジョイしていく上で必要になることです。
それは、多様化していく現代社会の中で必ずや力になってくれます。